八日市・護国のまちなみ
交通アクセス
JR内子駅から徒歩15分、内子五十崎ICから3分


江戸末期から木蝋(もくろう)や和紙などの生産で栄えた内子町。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている八日市護国地区には、宿場町の賑わいを残す町並みが残され、しっくい細工が施された土蔵や、なまこ壁に出格子のある通りが続きます。歴史民俗資料館や内子座など、建物の内部も見ることができます。