塩江温泉
交通アクセス
高松空港から車で10分
JR高松駅からバスで50分
コトデンバス塩江線「湯元塩江温泉」下車


1200年前に行基によって発見されたといわれる単純硫化水素泉で、県内最初で最古の温泉郷「讃岐の奥座敷」といわれ、春の桜、夏の新緑、秋の紅葉など四季折々の美しい自然が広がります。宿泊施設も、近代的なリゾートホテルから旅館、家庭的なペンション、民宿まで20軒ほどあり、山あいののんびりした風情が楽しめます。